スキルを上げる

簡単!かわいい!子どもがよろこぶパンダの親子弁当で、秋の遠足メニューは決まり!!

秋の遠足シーズンの到来です! 子どもはウキウキですが、ママにとってはお弁当作りが気になるところです。「どんなお弁当にしようか?」なんて、オフィスでコピーをとりながら考えていたりして……。今回は、日頃、給食の恩恵に預かり、お弁当作りに慣れていないワーママのためのレシピを紹介します。ママのオフィス弁当も一緒に作ります! 「お弁当箱のふたを開けた瞬間、どんな顔をしているかな~?」と子どもたちを想い描きながら、ママはオフィスで同じお弁当を味わう。そんな楽しみ方の提案です。

簡単! かわいい! 子どもがよろこぶパンダの親子弁当

<パンダのおにぎり>

【材料】
ごはん 子ども茶碗1杯程度
のり 1/4枚
ゆでニンジン スライス1枚
乾燥パスタ(サラダ用) 1本

【作り方】
1. ごはんをラップに包み、顔、耳の形を握る(お好みで具を入れたり、塩を混ぜてもOK)。

2.耳のパーツにのりを巻く。ごはんよりも少し大きめののりを用意し、周囲に放射線状に切り込みを入れてから巻くと馴染みやすい。巻いたらラップに再び包んで落ち着かせる。
3.顔、耳をお弁当箱の中で合わせ、おかずも詰める。
4.のりで顔パーツを作り貼りつける。

5.ゆでニンジンを丸型で抜き、乾燥パスタでほおに固定する。

<時短唐揚げ>

【材料】
鶏もも肉 2/3枚
焼き肉のたれ 大さじ1
片栗粉 適量
サラダ油 適量

【作り方】
1.鶏もも肉はひと口大に切り、ビニール袋に入れ、焼き肉のたれを入れて揉み込み10~15分おく。
2.1に片栗粉をつける。フライパンにサラダ油を1cmほど入れて揚げ焼きする。

<キャロットラぺ>(前日準備)

【材料】
ニンジン 1/2本
オリーブオイル 小さじ1
はちみつ 小さじ1
酢 小さじ1
粒マスタード 小さじ1

【作り方】
1.ニンジンはスライサーで千切りにする。
2.ビニール袋に全ての材料を入れて冷蔵庫で一晩漬け込む。

<アスパラベーコン>

【材料】
アスパラ 3本
ベーコン 3枚

【作り方】
1.アスパラを切りベーコンで巻く。巻き終わりを爪楊枝で留める。
2.フライパンに少量の水を入れて2~3分、蒸し焼きにする。

超簡単♪ パンダ弁当の作り方のポイント!

パンダの大きな目に使うのりが簡単に切れる方法があります!
袋から出してすぐに使うとパリパリに割れて切りにくいので、少し早めに出しておくか、蒸気に当ててしんなりさせてから切ります。お口はのりをまっすぐ切るだけなのでこちらは簡単です。細く切るのが苦手なママは、刻みのりを使うともっと簡単です。
ほおのニンジンを留める乾燥パスタは、ごはんの水分を吸って柔らかくなります。キャロットラペは、前日に仕込んでおけば朝は詰めるだけですね。彩りもよくお弁当が華やかになります。
みんなが大好きな鶏の唐揚げは、焼き肉のたれを使うことで簡単に味が決まります。そして少ない油で揚げ焼きすれば後片付けも楽チン! アスパラガスはベーコンで巻いたら野菜嫌いのお子さんでも食べてくれるでしょう。
ママのお弁当にはパンダの白黒をちょっと意識して、ごはんの上に黒ゴマをパラパラっと乗せましょう。

前日の夜や早朝の子どもたちが起きてくるまでの時間を有効に使うことで、忙しいワーママもキャラ弁を作ることが可能になります。色鮮やかな秋の空のもとでいただく目にもうれしいお弁当。子どもたちにとってもきっと思い出に残る幸せな時間になるでしょう!


記事制作:momo
キャラ弁クリエイター・デコ料理研究家
ふたりの男の子の母。長男の入園をきっかけにキャラ弁を作りはじめ、現在はWEB、雑誌、テレビなどでキャラ弁、キャラスイーツ、デコ料理など子どもがよろこぶレシピ開発を手掛けている。
ブログ:momo’s obentou (http://momo-obentou.blog.jp)
※この記事は2017年9月時点での情報です。

関連ワード