価値観・ワークスタイルを知る

40歳で再就職するために!今から考えておきたい仕事のこと

女性の人生は、出産や育児などで生活が大きく変わったり、家族を優先に動かなければならないこともあったりとさまざま。子どもが成長し、ふと社会復帰を考えた頃には40歳を超えていた、という人も少なくないでしょう。そんなとき、多くの人が口にするのは「仕事の選択肢が少なくなった」「希望の職になかなか就けない」という悩み。40代の厳しい現実に直面する前に、今からできることはないのでしょうか。

そこで今回は、亜細亜大学非常勤講師でキャリアカウンセラーの関下昌代さんに、「40代の社会復帰について今から考えておくべきこと」をうかがってきました。

40代になると就職率が下がる現実

「30代に入ると求人が少なくなる」とは耳にしますが、さらに就職が大変なのは40代。厚生労働省の「平成28年転職入職者の状況」で年齢階級別転職入職率をみると、25歳~29歳では18.1%なのに対し、40歳~44歳では10.7%に。時短勤務が可能なパートタイマーに限っては25歳~29歳では30.8%なのに対し、40歳~44歳では半分以下の14.7%まで落ち込んでいます。年齢の壁がある上に、「子どものお迎えがあるため時短勤務しかできない」「残業ができない」など条件が重なると、さらに就職は難しいものになります。

そこで、若いうちから考えておくべきことは、「自分の将来の仕事と生き方」についてです。40歳前後になって「生かすキャリアがない」「希望の仕事に就けない」と悩むのではなく、ある程度人生の道筋や専門を決め、早い段階から準備しておくことが大切です。
妊娠・出産後の社会復帰を視野に入れ、「再就職しやすい業種」にキャリアチェンジするのもよいですね。たとえ、今すぐに答えが出なくても、ただ目の前にある仕事をこなすだけではなく、「将来を見据えながら働く」ということが重要。この思考があれば、将来につながりそうな小さなきっかけを見逃がさず、また、掴みやすくなるでしょう。

20、30代で構築しておきたい「自分のキャリアと専門性」

そこで、このまま今の職場で働いていくと「どんなスキルが身につき、どのキャリアが生かせるのか」を検討してみましょう。将来再就職するときに見られるのは、その人のキャリアとスキル、専門性です。

これを分かりやすく表してくれるのが資格です。おすすめは、現在の仕事に関する国家資格を取得しておくこと。保険会社に勤務しているなら「ファイナンシャルプランナー」、不動産会社勤務なら「宅地建物取引士」など、これから学んでも十分取得可能な資格です。資格取得が難しい分野でも、ひとつの専門的な分野で長く務めた経験は評価され、再就職でも有利に働きます。

また、今後、再就職のしやすさで仕事を選ぶなら「医療・福祉」業界がイチオシ。
平成27年3月、厚生労働省職業安定局委託事業による「今後の雇用政策の実施に向けた現状分析に関する調査研究事業報告書」から、建設業、製造業、卸売業、小売業に従事する就業者が減少する一方で、医療、福祉に従事する就業者は増加していることがわかります。医療・福祉就業者数は、2002年400万人、2008年600万人、2013年には700万人を超えているのです。
これから日本は超高齢化社会に突入するため、この分野の資格は生涯の強い味方となります。「介護福祉士」、「看護師」、「ケアマネジャー」などは手堅くていいですね。直接人から感謝される仕事でもあるので、やりがいも感じやすいでしょう。

将来を見据えながら、まずは全力で仕事に取り組む

若いうちは、適職だ、人生設計だ、と考えてみてもなかなか答えが出ない人もいるでしょう。そのような人は、とりあえず目の前の仕事を全力でやってみることが大事です。「自分に何が合うのか、どう進むべきか」は仕事に全力を尽くしていると、いつの間にか見えてくるものです。

少しだけ私の話をさせていただくと、昔、シティバンクの人事で研修を担当していたことがありました。そのとき大事にしていたのは「ギブ&ギブ」の精神。とにかく見返りを求めず働きました。するとしばらくして、そのときのお客様だった大学教授が「大学でビジネスマナーを教えてみませんか?」と私に声をかけてくれたのです。それが、今の私の仕事につながっています。当時の私にとっては想像もできなかったことです。

この経験から、私は、「仕事に全力を尽くすことの重要性」に気付き、「見返りを求めず、ギブ&ギブの精神で仕事に取り組むことが、結果的に一番テイクを頂きやすい」ということを実感することができました。将来がまだ見えない人も、今の仕事に全力投球していくことで、いつの間にか道が切り開かれていくかもしれませんよ。

まとめ

今の仕事でキャリアを積み、将来に生かす。または「この仕事ではない」と感じたなら、すぐに学び直したり、資格を取得してキャリアアップを図ったりする。いくらでも修正可能なのが20、30代の特権です。日々仕事から学び、将来を見据えて働いていけば、おのずと今やるべきことが見えてくるはず。そのピンときた閃きを見逃さず、積極的に資格取得などの行動に移していけば、将来はさらに楽しく豊かなものになっていくでしょう。

※この記事は2017年11月時点での情報です。


記事監修:関下昌代
著作家/ 亜細亜大学非常勤講師/ キャリアカウンセラー。
熊本市出身。高校卒業後、住友信託銀行入社。以後、派遣、臨時職員でテレビ熊本、熊本県庁等で勤務。1989年シティバンク銀行に転職。いくつかの部門を経て2001年人事本部人材開発課に異動。社員研修プログラムの企画、社内講師役を務める。2009年3月、立教大学大学院異文化コミュニケーション学修士号取得。同11月シティバンク退職。2011年4月より大学でビジネスマナーやコミュニケーションの科目を担当。著書に「伸びる女の社内政治力」などがある。

関連ワード