注目記事を読む

グルテンフリーのものや、生姜やスイカを原料に使ったものまで!ビール女子オススメの5本のクラフトビール


こんにちは!ビール好きの女性のためのWEBマガジン&コミュニティ「ビール女子」(https://beergirl.net/)編集長の酒井由実です。ビール女子編集長として、ビールの多様性を世の女性に伝えるべく、日々活動中のビアソムリエです。クラフトビールブームが盛り上がりを見せている今、ビールを楽しめる場所やシーンが続々と増え、その楽しみ方も多様になっています。

クラフトビールの魅力は何といっても種類の多さ。原料や醸造方法によって味わいやスタイルが変わり、その数は100種類を上回ります。ビール女子編集部も日々たくさんのビールに出会っては、その世界の広さに驚いています。

今回は、数あるクラフトビールの中から、変わった副原料を使ったビールや、ユニークな醸造方法を用いたビールなど、一風変わったものをまとめてご紹介!私たちが出会ったビールの中でも特に個性が強いものをピックアップしました。まだ見ぬビールの世界へ、飛び込んでみませんか?
 

『Omission Lager(オミッション ラガー)』/Widmer Omission(ウィドミアーオミッション)

一時期話題になった”グルテンフリー”。グルテンとは小麦などから生成されるたんぱく質の一種で、グルテンを摂らない食生活がダイエットや健康に効くと注目を集めました。麦芽、 ホップ、水、酵母から作られるこの『オミッション ラガー』は、グルテンを取り除くための独自製法を採用したクラフトビールです。

グラスに注ぐと麦由来のやわらかい香りが鼻に届きます。ラガーならではの喉越しが感じられ、後味も爽快。グルテンフリーでありながらそれを感じさせない豊かな味わいで、さまざまなシチュエーションに寄り添う1本です。

■Omission Lager(オミッション ラガー)
◯醸造所:Widmer Omission(ウィドミアーオミッション)
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール度数:4.5%
◯スタイル(種類):ラガー
 

『常陸野ネスト リアル・ジンジャー・エール』/木内酒造

ソフトドリンクとして親しまれているジンジャーエール、実はもともと「ビール」として楽しまれていたことをご存じでしょうか?赤いフクロウがトレードマークの『常陸野ネスト リアル・ジンジャー・エール』は、高知県産の生姜を香味付けにたっぷりと使用した、正真正銘の“ジンジャーエール”です。

ボトルを開けた瞬間から、スパイシーな香りがガツンと鼻に届きます。もったりとした甘みと、生姜ならではの独特な風味が絡み合い、後味にはホップの苦みが爽やかに残ります。アルコール感が強く、飲み進めるうちに身体がぽかぽかに。スパイシーな香りは、お肉料理に合わせるのもオススメです。

■常陸野ネスト リアル・ジンジャー・エール
◯醸造所:木内酒造
◯原材料:麦芽、ホップ、生姜
◯アルコール度数:8.0%
◯スタイル(種類):ハーブ・スパイスビール
◯商品詳細ページ:http://www.kodawari.cc/?jp_home/products/nestbeer.html
 

『Tangerine Wheat(タンジェリン・ウィート)』/Lost Coast Brewery(ロスト・コースト・ブルワリー)

ユニークなパッケージに思わず目が止まる『タンジェリン・ウィート』は、自社栽培の小麦麦芽と「タンジェリン」という柑橘系の果実を組み合わせた、「フルーツ・ウィートエール」というスタイル(種類)のビールです。

口当たりは柔らかく、柑橘系の爽やかな香りとジューシーな味わいが特徴です。心地よい苦みがじわじわと押し寄せ、飲み終わった後も余韻が続きます。甘さは控えめで酸味が強いので、ごくごくと飲むことができます。夏の暑い日のよき相棒になること間違いなしです。

■Tangerine Wheat(タンジェリン・ウィート)
◯醸造所:Lost Coast Brewery(ロスト・コースト・ブルワリー)
◯アルコール度数:5.5%
◯スタイル(種類):フルーツ・ウィートエール
 

『Watermelon Wheat (ウォーターメロン・ウィート)』/Lost Coast Brewery(ロスト・コースト・ブルワリー)

スイカのビール!?と思わず二度見してしまう『ウォーターメロン・ウィート』。自社栽培の小麦麦芽とスイカ果汁を組み合わせた「フルーツ・ウィートエール」のビールです。

小麦ならではのフルーティーな香りがふわりと鼻に届きますが、それもつかの間、口に含むとその甘さに驚きます。スイカ果汁の強い甘みは、まるでジュースを飲んでいるかのよう。先ほど紹介した『タンジェリン・ウィート』と飲み比べて、その違いを楽しんでみるのもオススメです。

■Watermelon Wheat (ウォーターメロン・ウィート)
◯醸造所:Lost Coast Brewery(ロスト・コースト・ブルワリー)
◯アルコール度数:5.0%
◯スタイル(種類):フルーツ・ウィートエール
 

『Pime Öö Islay BA(ピム オオ アイラ BA)』/Põhjala Brewery(プヤラ ブリュワリー)

まるで呪文のような名前のこちらのビールは、スコッチウィスキーの樽で熟成した「インペリアル スタウト」というスタイルです。アルコール度数はなんと13.6%。光を通さない漆黒の黒の液色が印象的で、強めの熟成香が鼻を刺激します。匂いを嗅いでいるだけで酔っ払ってしまいそう。

口を支配するのは、焙煎したモルトの甘み。その上にベリーのような甘酸っぱさがほんのりと乗っかって、とろけるような味わいを楽しむことができます。食後のデザートとしてじっくりと口にしたい、大人の味わいです。

■Pime Öö Islay BA(ピム オオ アイラ BA)
◯醸造所:Põhjala Brewery(プヤラ ブリュワリー)
◯アルコール度数:13.6%
◯スタイル(種類):インペリアル スタウト
 

まとめ

以上、一風変わったクラフトビールをご紹介しました。どのビールも香りや味わいが個性的なものばかりなので、ぜひグラスに注いでその色、香り、風味をじっくりと味わってみてください。あなたがお気に入りのビールに出会えますように。

※この記事は2018年2月時点での情報です。
 

記事執筆:酒井由実
ビール女子編集長
93年三重県生まれのビアソムリエ。大学ではビールの嗜好とマッチョカルチャー(男性的概念)の因果関係について研究。ビール女子編集長として、ビールの多様性を世の女性に伝えるべく日々活動しています。

ビール女子について https://beergirl.net/
ビール好きの女性がよりビールを楽しむためのWEBマガジンです。新発売情報やイベント情報など、ビールに関する新着情報はもちろん、ビールに合うおつまみや役に立つコラムなど、ビールを楽しむための情報を発信しています。また、定期的にイベントも開催しており、ビールを通じてビール好きの女性同士のつながりを広げています。

関連ワード