スキルを上げる

ファイナンシャルプランナーが教える!お金が貯まる7つのテクニック

「今月も赤字だわ。いつの間にかお金がどんどん増えてくれたら楽なのに!」こんなふうに思ったこと、ありませんか? 今回はそんな人に耳よりなお話。「ひと手間かければ、通帳にあるお金がぐんぐん増えていきます」と言うのはファイナンシャルプランナーの鈴木さや子さん。今日からすぐにできる方法から、少し時間と手間をかけてしっかり増やす方法まで「お金を増やす7つのテクニック」を教えてもらいました。

増やすためにすべきこと ―すぐにやるべし ステップ1

①チョコチョコ引き出しをやめる!

お金がなくなったら無計画にATMで引き出す人は、典型的な「貯められない人」です。時間外利用手数料もバカになりませんから、1週間○万円など予算を決めて、手数料がかからないときに、まとめて引き出しておきましょう。すぐにATMに足が向いてしまう人は、キャッシュカードを家に置いておくのも手です。

②電子マネーでの買い物をやめる!

通勤途中のコンビニや自動販売機などで、何の気無しにコーヒーやらお菓子、雑誌などを「ピッ」と買っていませんか? 電子マネーはお金を使っている感覚を失わせるため、つい無駄な買い物をしがちに。たとえば1日330円使えば1か月で約1万円。1年間で約12万円です。財布からお金を出すようにすれば、今必要かどうかを立ち止まって考えられそうですね。

③1日1回財布チェックをする!

お金が増えない人は財布の使い方にも問題があります。レシートがぐちゃぐちゃに入っていたり、クーポン券で膨らんでいたり。毎晩寝る前や出かける前の1分を使って、レシートを並べ、どんなものにお金を払ったか、お金はいくら入っているかをチェックしましょう。自分のお金の使い癖も分かりますし、財布に残っているお金からその日の使い方も確認できて、問題点が見えてくるでしょう。

増やすためにすべきこと ―ちょっとがんばる ステップ2

①年会費を見直す!

「期間限定年会費無料キャンペーン」につられて申し込んだ有料会員アプリや、初年度年会費無料のクレジットカード、いつの間にか無料期間が終了して、年会費や月会費が引き落とされていた、なんてことありませんか? 通帳を見て、不要なものは更新月などを待たずに今すぐ解約しましょう。合計すると思った以上の金額になっていることもあります。

②スマホでいつでも資産チェック

家計簿は面倒という人にもオススメなのが「資産の見える化」です。口座残高をリアルタイムでスマホに表示できる家計簿アプリを使ってみてはどうでしょう。「今、自分はいくらお金を持っているか」を知るだけで、お金の使い方が無意識のうちに変わってきます。

増やすためにすべきこと ―がっつり増やす ステップ3

①自動積立で知らぬ間に増やす!

お金を増やしたいなら「自動的」に貯まる仕組みを作ることが鉄則です。自動積立定期預金を利用するなど、給料日に口座から一定金額が自動で移されるようにし、「なかったもの」にしてしまうのがオススメです。また、給料の振込先とは別の預金口座にお金を移動させて貯める場合、一部のネット銀行で展開している手数料無料の「定額入金サービス」が便利。移動先の預金口座にお金が貯まるし、金利アップキャンペーンなどを狙って定期預金に切り替えれば、さらに効果が期待できます。ただし、貯める口座のキャッシュカードは決して財布に入れず、持ち歩かないようにしてください。すぐ引き出せない状況を必然的に作ることが大事です。

②スマホ代・保険料・住宅費を見直す

ファイナンシャルプランナーが「まず最初に見直しを」と必ず提案するのがこの3大固定費です。どれも本当に効果は絶大です。思い切って見直すことで、どんどんお金が増えていくこと間違いなしです。

格安スマホ、格安SIMと言ってもその比較は容易ではありません。なぜなら格安スマホ業者の料金体系は、みんなバラバラだからです。スマホの使い方は人によって異なり、料金体系の合わない業者を選んでしまうと、メリットを十分に受けられないので注意が必要です。まずは「どのくらい通信容量が必要か」また「通話はどのくらいにするか」「機種にこだわりはあるか」など自分の使い方を明確にします。その上で、各社に問い合わせをして比較するといいでしょう。

保険については、「何のリスクに備えたいのか」「貯蓄しながら無理なく払える金額はいくらか」の2点を考えることが大切です。「社会人だから入らないと」といった思い込みは不要です。無理なく払えてリスクへの不安も取り除けるバランスで考えましょう。

賃貸住宅に今後も長く住み続ける予定の人は、家賃が高すぎないかもチェックしましょう。年間家賃が手取り年収の25%におさまっているかをひとつの目安にしてください。たとえば手取り年収が400万円の場合、年間家賃は100万円(月額約8.3万円)までにしたいところです。値下げ交渉ができる場合もありますし、もし近隣で家賃を抑えられる物件があるのであれば、思い切って引越しすることを一考する価値はあります。

誰もがすぐにできるテクニックから、ちょっと時間と手間をかける方法まで7つのテクニックをご紹介しました。あなたの大切なお金を増やすために、まずはできそうなことからチャレンジしてみてください。きっとどんどんお金が貯まることでしょう。


監修者:鈴木 さや子
株式会社ライフヴェーラ代表取締役
家族が笑顔になれるための生活に役立つお金の知識を、主に女性向けに、セミナーやコラム記事などを通じて情報発信。保険などの商品を一切販売しないFPとして活動中。専門は教育費・保険・マネー&キャリア教育、確定拠出年金。女性の心に寄り添う個人相談にも力を入れている。企業講演の他、小・中学校や地域コミュニティなどでの講演やワークショップなど、保護者や親子向けイベントも行う。中学生・小学生の母。
HP:http://lifevela.co.jp/
ブログ:http://ameblo.jp/mamatano/
※この記事は2017年9月時点での情報です。

関連ワード