派遣を学ぶ

<派遣という働き方>短期間契約を繰り返すと今後の仕事探しで不利になる?派遣会社に聞いてみた!

あえて短期間での契約にするなど、契約期間を設定することが可能なのが、派遣社員として働くメリットのひとつ。とはいえ、「短期間契約で働いてばかりだと、今後の仕事探しで不利になるんじゃないの……?」と不安になる人も多いはず。実際のところはどうなのか、派遣会社に聞いてみました。

短期間契約を希望する理由の多くは、家庭や学業との両立

実際に、派遣会社に登録している派遣社員の中で、長期間契約の人と短期間契約の人の割合はどのくらいなのでしょうか?派遣会社にもよりますが、今回お話をうかがった派遣会社の株式会社シーエーセールススタッフでは、半年以上就業している長期間契約の人が6~7割を占めるとのことでした。

短期間契約が多い世代は、大きく分けて3つあります。それは、大学生や専門学校生などの20歳前後の世代、30代半ばの子育て世代、そして50~60代です。大学生や専門学校生は、「夏休み中だけ働きたい」などの理由で短期間契約をする人が多いです。子育て世代が短期間契約を希望するのは、家庭と仕事の両立が第一で、「空いている時間に働きたい」「働けるときに働きたい」と考えているから。50~60代も家庭と仕事の両立を理由に挙げていますが、この世代になると派遣先の数自体が少なく、すぐに働ければ短期間契約でも構わない、と考える人が多いようです。そのほか、世代を問わず、「さまざまな会社で働いてみたい」という理由であえて短期間契約を選ぶ人もいます。

短期間契約、長期間契約、それぞれのメリット・デメリットは?

では、短期間契約のメリットはどのようなところにあるのでしょうか。まず、派遣社員という働き方の魅力のひとつである「働きたいときにだけ働ける」ということが実現しやすいことが挙げられます。しかし、ちょうど希望する期間だけ働ける仕事が、都合よくあるかどうかはわかりませんし、新しい会社にせっかく慣れてきた頃に、契約が終わってしまうという側面もあります。

一方で、長期間契約のメリットは、正社員を志望している前提においては、キャリア形成をしやすいというところです。ただし、派遣社員を長く続ければ将来的に正社員としての登用があるのか、それともずっと派遣社員のままなのかは派遣先の会社によって違います。自分のしたい仕事がずっとできるのかどうかも会社によって違うので、長期間契約で働きたい場合は、まずそこを確認しておく必要があります。

また、シーエーセールススタッフに登録しているスタッフに関していえば、短期間契約に向いている人にははっきりとした傾向があるといいます。短期間契約に向いているのは、てきぱきしていて積極的、人見知りの少ない人なのだとか。これに対して、長期間契約では、特に向き不向きはありません。

短期間契約を繰り返すと今後の仕事探しで不利になる?

短期間契約を繰り返すと、「この人はすぐに会社を辞める人なんじゃないか」と思われて、仕事探しで不利になるのではないかと懸念する人も多いかもしれません。もちろん、「会社が嫌になったのですぐ辞めた」などという理由で職を転々としているのであれば、確かに今後の仕事探しでは不利になってしまいます。しかし、「家庭の事情で仕方なく……」「さまざまな会社を経験したいので」と、短期間契約である理由がはっきりしているのなら、必ずしも不利にはなりません。

短期間契約を繰り返してきた人でも、今後長期間契約の仕事に就けないのでは、と過度な心配は不要です。これまで短期間契約だった理由を、派遣会社の担当コーディネーターにきちんと話し、今後は長期で働きたい旨を伝えておけば、コーディネーターが派遣先にしっかりと伝えてくれるので安心してください。

ただ、長期で働く場合は、なるべくストレスをためずに長く働くためにも、自分に合った職場を選びたいものです。そのためには、事前の派遣先の企業研究が欠かせません。会社の規模や社風はもちろん、現場で働く人の情報や、どのくらいの仕事をひとりでこなさなければならないのかなど、可能な限り調べておきましょう。

また、短期間契約で働き続けると、履歴書に社名を書ききれない、ということもあるでしょう。勤務した会社の数が多いこと自体は問題ありませんが、いつどこの会社に派遣されたのか覚えていないというのは、派遣先の会社にあまりよい印象を与えません。履歴書にはなるべく詳しく書くのがベターです。たとえば、派遣会社ごとに派遣された会社名をまとめて書くなどの方法もあります。履歴書の書き方に迷ったときは、派遣会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

まとめ

短期間契約ばかりだからといって、今後の仕事探しで不利になるとは限りません。大切なのは、自分がどういう理由で短期間契約にしてきたのか、今後はどうしていきたいのかをしっかり語れることです。

また、今後長期間契約で働くことになったら、事前に派遣先企業のことをきちんと研究しておきましょう。短期間契約で働いていたときにはあまり気にしていなかった、正社員登用についてや自分の担当する仕事の詳細など、長期間契約で働く上では重要になる場合があります。わからないことは派遣会社に聞くなどして、しっかりリサーチしましょう。

取材協力:株式会社シーエーセールススタッフ

関連ワード